ブラウン光美容器『シルク・エキスパート』なら脱毛器初心者にお勧め

ブラウンシルク・エキスパート

光を当てておウチで面倒なこともなくムダ毛お手入れができる光美容器は役に立ちますが、使用経験がほとんどない人は、その安全性や効果のほどに不安に感じるのではないでしょうか。

 

特に気がかりなのが、射出する光のパワーがあなたのスキンにとって正解なのかどうか。

 

「弱過ぎると働きが薄そうだし、逆に強烈すぎると、度を越して痛みを覚えたり、肌に負荷が掛かりそう」と不安に感じる時もあるはず。

 

調整必要なし!ブラウン光美容器「シルク・エキスパート」のすすめ

 

そういったリスクを解消してくれるのが、ブラウンの光美容器「シルク・エキスパート BD5001」。

利用している人の肌の色彩にマッチするようにパワーをお任せで調整してくれますので、楽で何の問題もなく、その上能率的にムダ毛お手入れが可能なはず!

 

普通の光美容器は調整が面倒…

 

光美容器は、肌表面に光を当てることで、メラニン(黒い色素)に作用する光エネルギーが毛根にダメージになってムダ毛のサイクルを断ち切り、目につかなくするというメカニズム。

 

永久脱毛にはならないのですが、おウチで手っ取り早く対処出来るので、「エステティックサロンに足を運ぶタイミングやコストがきつい……」という女性には非常に頼もしいグッズです。

 

普通の光美容器は、使用している時の出力をマニュアル操作でコントロールするものが大半を占めますが、「シルク・エキスパート」は、照射する度に肌の色を推し量って、一番能率的でセーフティーな照射量をオートマティックに設定してくれます。

 

そういう理由から、「自分の肌とムダ毛の色だと、このぐらいかな?」と予測して出力を設定して操作するものの、照射してみたところ思いの外痛みが強烈だったり、逆に出力を低くし過ぎて結果に繋がらない、というケースを防ぐことを可能にするのです。

 

シルク・エキスパートの使い方は簡単!

 

「シルク・エキスパート」の使い方は、電源につないだ状態の下で照射口を肌に当てるだけ。

ポピュラーな光美容器では必要不可欠となっている、出力レベルのコントロールは不要です。

 

本体脇にLEDライトがあり、照射口が肌に触れると、出力レベルにマッチした数のライトが点灯。ランプが光っている状態で、本体上部の「フラッシュ・ボタン」をプッシュしたら照射されます。

 

だけど、「フラッシュ自動調節システム」が肌にマッチしていないケースや、肌の色が照射に相応しくない場合は照射不可能です。

 

使えるパーツと使用限度について

 

使えるパーツは、女性の場合では、脚、腕、わき、ビキニライン、顔(頬骨より下)。男性の皆様は、肩から下のパーツ(胸、背中、腕、腹まわり、脚)。

 

余談ながら、照射可能回数は約12万回です。

ブラウンによると、全身脱毛のムダ毛メンテに求められる照射数の目安は約2万回なので、カラダ中のムダ毛ケアが終了するまで万遍なく使えるフラッシュ数ということ。除毛ジェルの使用やカートリッジチェンジの必要性もないので、プラス費用も必要ありません。

 

脱毛器デビューは簡単なシルク・エキスパートにお任せ

 

ベッドの上の女性

 

光美容器は医療機器じゃないとは言えども、使い方には注意したいし、生まれて初めて利用する際には心配も感じるはず。けれども、あなたに適したパワーは判断がつきかねる確率も高いものです。

 

ところが、パワーをオート調整できる「シルク・エキスパート」は、そういった不安を抱える「光美容器初心者」にも扱いやすい1台であると言えるでしょう。

 

また、光脱毛サロンや、これ以外の光美容器の利用経験がある人も、あなた自身で出力調整の必要性がない点や、敏感なエリアに使う際のカートリッジの付け替えも要らないなど、面倒が少ないといったところでとっても使い勝手が良いと感じて貰えるのではないでしょうか。