トリア・パーソナルレーザー脱毛器の効果的な使い方と注意点

トリア・パーソナルレーザー脱毛器4X

トリア・パーソナルレーザー脱毛器4Xは、片手で使えるタイプの簡単な家庭用脱毛器です。

プロが使う医療用脱毛器をモデルにしているので、家庭用と言えどもその力は侮れませんよ~。

 

『どんな風に使うの?』

『痛みとか大丈夫?』

など、使ってみたいけど不安な方に、トリア・パーソナルレーザー脱毛器の使い方と注意点をお伝えします^^

 

まずは動画をどうぞ。

 

 

効果を出す使い方

 

使用方法はすっごく単純です。

 

レーザーを当てたいポイントを剃刀なんかで剃ります。

 

毛は抜いてはダメです!

 

レーザーは黒いスポットに作用するので、 毛を抜くと毛母細胞(毛をつくる部分)への導線がなくなっちゃうので、ご用心を!

 

産毛だからと言ってそのままレーザーを当ててしまったら、トリアと肌に沿いながら寝てしまった毛全面にレーザーが当たってしまうので、問答無用で毛は抜くのではなく剃りましょう。

脱毛のことを考えたら、毛の生えている毛穴部分のみにレーザーがあたれば間違いないですからね。

 

あとは、充電したトリア脱毛器を肌に照射するだけ!

 

エステティックサロンなどのフラッシュ脱毛は大量にジェルを付けることが求められるけど、トリアなら冷却ジェルは重要ではありません。

フラッシュ脱毛時の冷却ジェルは、脱毛機器の滑りを良くしたり、肌のダメージを減らす時に用いるんですって。

 

トリアパーソナルレーザー脱毛器4Xは、首尾よく毛だけに作用するので、肌に不要な負担が少なくストレスを与えないんですよねー!

使う時にはジェルは必要としないけど、レーザー脱毛が終了した後は保湿や沈静が可能なジェルをつけることをお薦めします。

 

未経験でレーザー脱毛するケースでは、弱いレベル1からトライしましょう!

もしトリアを活用してみて痛みが強烈なケースでは、保冷剤で温度を下げて痺れさせてからトリアと保冷剤を変わり番こにあてると痛さを低減できますよ。

 

トリアは熱い!痛い!でも、効果がある脱毛器

 

レーザー脱毛は、高レベルな熱エネルギーによって毛母細胞を無力化しますから、この際に、痛みや熱さを感じてしまいます。

 

痛みや熱さは、熱量が必要とされているポイントへ入ってきている裏付。

ですから、痛さが無い脱毛は有効ではありません!

かえって、エステティックサロンや他の脱毛器で「痛みを感じない脱毛」をセールスポイントにしているときがあるけど、そんなのは脱毛効果がないことを発表されているのと同じで、不自然な訳ですよね。

 

トリアの説明会での内容だと、痛いというより熱さの方を知覚する可能性が大きいそうです。

毛母細胞にレーザーを照射し毛を作れなくするので、ある程度は熱さが発生するケースもあるけど、火傷をしたり毛が焼けるぐらいではありませんからご安心を。

 

まとめ

 

  • 毛は基本的に剃る
  • 痛いときは保冷する
  • 痛いけどそこまでじゃない

 

以上、トリア・パーソナルレーザー脱毛器4Xの使い方と注意点でした^^

トリアはしっかり効果のある脱毛器として人気ですから、迷ったらオススメですよ♪