家庭用脱毛器はサングラス必須?目へのダメージをリアルに教える

サングラス 女性

ホーム用脱毛器を利用する上で回避できないことの一環で、照射される光に対して目をどう守るかという点が付きものです。

 

これについては、間違いなく「サングラス着用」なわけですから、それを前提条件としてサングラスがついている商品もあるみたいですが、実際は本当に、脱毛器の照射光は目によろしくないものなんでしょうか?

サングラスは必要なの?

サングラス

 

基本的には必須

 

【照射時の光は目に入ってくると危ない】

 

ハッキリ言って、脱毛器から照射させる光は「可視光線」といったもので、目への危険は気に留めなくていいと言われています。

 

けれども、光はメラニンに反応しますので、色の濃い瞳を持つ眼球にうっかりして光が入り込んでしまうおそれを考慮すると、サングラスをしておくことが一番重要です。

 

また近頃では、サングラスをかけなくてもいいように作られた家庭用脱毛器もあります。

いちおしとしては、『トリア』特別な技術で作製された「サファイアレンズ」が、目にセーフティーな光にチェンジしてくれます。

『レイボーテフラッシュ』紫外線など有毒な波長が除外された特殊な光を導入しています。

 

……と言うものの、照射時の光を見ている内に目がチカチカしてきた、眩しいなんていうこともあるかもしません。そういった事を考えてみると、サングラスを着けたほうがいいこともありそうです。

 

市販のサングラスでもいいの?ケノンで例えるなら…

 

ケノンはフラッシュ方式といった脱毛方法で、脱毛サロンと一緒のスタイルなんです。

 

照射ボタンをプッシュすると、ピカっと光るカメラのストロボみたいな光が照射されて、これが毛に吸収されて毛根などにダメージとなってくれます。

 

この光をダイレクトに目にすれば、目にダメージを及ぼしてしまうことになります。

 

脱毛サロンでは従業員さんの方が専用のゴーグルや手ぬぐいで目を保守してくれますよね。

あれは、目に光が入らないようにという気遣いからなんです。

 

家庭用脱毛器で脱毛処理するなら、個人個人で光から目を保護してあげるために、サングラスをかけないといけないのです。

 

ケノンのおまけでサングラスが付属していますが、鼻の形とマッチしなかったり大きすぎたりするケースがあります。

メガネ愛用の人はメガネを取り外してサングラスをすることとなるので、細い毛が見られないなどということもあります。

 

そのような場合には、市販のサングラスでもオーケーなので、きっちりと目をプロテクトしてから照射するようにしてください。

市販のサングラスならあなたの顔の輪郭や鼻などに応じチョイス可能です。通販サイトでお好みのサングラスを探して買うのもいいでしょう。

 

見やすくて、こめかみや鼻が痛くならないものをセレクトして下さい。

使わないままの家にあるサングラスや、100円ショップで販売しているものでも良いです。

 

セーフティに脱毛するためにも、各々に合ったサングラスをかけて脱毛しましょう。