トリアとケノン|徹底比較してみました

比べる女性

ご自宅用脱毛器には、大まかに分けてフラッシュ式とレーザー式のタイプが存在します。

 

フラッシュ式の脱毛器の中でも、認知度がおっきいのが、ケノンです。

一方で、レーザー式の中に於いてはトリアが高い評価を得ています。

 

脱毛器ケノン

トリア・パーソナルレーザー脱毛器4X

 

ケノンとトリアを比べてみたのでご覧くださいませ。

 

コストパフォーマンス

 

さしあたって気にかかるのがプライスです。

 

ケノンの本体価格は、73,800円。

それに対して、トリアは54,800円です。

 

値段はトリアの方が24,000円も安いのですが、大事なのは、コスパです。

 

ケノンとトリアでは、一回で対処出来る大きさに大きな相違点があるのです。

ケノンのケースでは、四角いカートリッジから照射光が出ますが、このカートリッジの照射口の面積は、最大のエクストララージカートリッジで市場最も大きな9.25平方センチメートルです。

それはフラッシュ式のホーム用脱毛器の中でも圧巻の大きさのです。

 

それに対し、レーザー式の脱毛器は強力な光を狭い照射口から出します。

トリアはレーザー式なので、やっぱり照射口は狭く直径が8ミリの円形、広さは約1平方センチメートル。

照射面積が大きければ、その分照射頻度は少なく済むのです。

 

一例として、一般的な成人女性のヒジ下の表面積は1000平方センチメートルと考えられるので、算出するとケノンでは約105ショット、トリアでは約1000ショット必要です。

 

ケノンはカートリッジ交換式ですが、エクストララージカートリッジ1つで照射することが可能な回数は132,000発もあります。

 

エクストララージカートリッジは税込9,800円ですが、本体セットにカートリッジがスタート時から附帯していますので、買替えずに全身脱毛のケアをすることも可能だと言えます。

 

トリアは、充電さえすれば制限なしで照射可能です。カートリッジもありません。

 

ですが、トリアの内蔵バッテリーは消耗品です。

約500回の充電で別個のバッテリーに交換が必要になってきますが、その時に20000円必要です。

 

そのうえで、バッテリーだけに限らず本体ごと入れ替えくれるとのことです。

1回の充電でどの位照射できるかというと、照射レベルにも左右されますが、450~1700回ですので、1000回で弾き出してみると、トリアは1ショット辺り0.116円となります。

 

一方で、エクストララージカートリッジを用いた場合のケノンのショット単価は、0.074円。

 

ですので、ケノンの方が費用対効果が良いという訳です。

 

保証内容

 

ケノンには返金保証がついていないです。

30日間返金保証をつけると、1回使用済みの商品をまた扱うことになるので、そのような状態を避けるためだそうです。

なお、ケノンは壊れたとしても、修理サービスがあります。1年以内ならタダで修理若しくは交換をしてくれます。

 

一方、トリアには30日間返金保証、2年間品質保証がついています。

 

機能の比較

 

ケノンのパワーは10段階に調整可能です。

一方、トリアは5段階出力です。

 

自宅用脱毛器にはオートマティック照射機能が装備されていると便利なのですが、この機能はケノンにもトリアにもついていたようです。

 

自動照射機能を活用すると、チャージ時間をぜんぜん待たずに済みますし、毎回スイッチを押さなくても、正当な角度から肌にあてれば、自動で照射してくれます。

 

ケノンには、6連射機能が存在します。1回の照射のエネルギーを細かく6回に分けて照射することで、照射一回あたりダメージを減少できるので、敏感肌の人にもってこいです。

また、美顔カートリッジに交換することで、フェイシャルエステも可能である美顔機能がついています。

 

性能の比較

 

次に、ケノンとトリアの性能を比べてみましょう。

 

初めにお伝えしたように、ケノンはフラッシュ式(IPL式)脱毛器で、トリアはレーザー式の脱毛器といったポイントが存在します。

また、製造国は、ケノンは日本、トリアはアメリカ製で、FDAに承認されている脱毛器です。

 

一番初め、出力ですが、トリアは6ジュールから22ジュール。

ケノンの方は、公開されていないものの、製造元では、業界最大の出力と明言しています。

 

照射不可の部位ですが、ケノンでは特にないです。ただ、眼球周辺や、Iライン等のデリケートパーツへの使用は避ける事を推奨しております。

トリアでは、眉毛やヒゲ、Iライン等のデリケートなスポットには利用できません。

 

ケノンはヒゲにも使用できるのと、止めてほしいとはいえ、一応、デリケート部分に使うことも不可能ではないので、トリアの方が使用することができないパーツが多いですね。

 

ちなみに、どちらの方も、ほくろ等皮膚の色が濃いポイントは、光が反応してしまってヤケドの危険性もあるので利用することができず、シールなどを貼って対応します。

 

使い勝手

 

一回照射したあとに、次の照射ができるまでのスパンを比較していきましょう。

 

ケノンのチャージ時間は約5秒。

トリアにはチャージ時間がほとんどないため、サクサク射光していくことが可能となります。

 

また、ケノンとトリアの使用の仕方の大きな相違点は、ケノンはハンドピースを持ちつつ手入れするのに対し、トリアは本体そのものを持ってケアをするところです。

 

ヘビーなので、長時間手入れするのは困難になるはずです。一方、コードが邪魔にならない点はいいと思いますね。

 

ケノンのハンドピースは約120gなのに対し、トリアの本体は584gなので、トリアの重さはケノンの約5倍ということになるわけです。

 

また、ケノンは本体から電源コードが出ており、それをコンセントにコネクトして使います。

 

トリアは充電式で、照射レベルにもよりますが、充電が持つのは30分ほど。

トリアがフル充電できるまでのスパンは急速充電で約2時間半です。

 

広範囲を脱毛していて、半ばで充電がゼロになってしまうとちょっとめんどくさいです。あとは、長期間使わないときも、たまに充電することが必要です。

 

まとめ

 

 

いかがでしたか?

あくまで個人的な主観ですが、コスパ、人気、使い勝手の面から考えると、オススメはケノンかなと思います。

 

ケノンの購入方法については、続けて支払い方法に関する記事をご覧下さい。